« 染の小道の林芙美子記念館 | トップページ | キャベツとブロッコリー »

2017年3月 9日 (木)

忘れないために

もうすぐ、東日本大震災から6年目の3月11日を迎えます。
先日、仙台に帰省した折、「せんだいメディアテーク」に立ち寄りました。ここでは、震災直後に「3がつ11にちをわすれないためにセンター」が立ち上げられました。

2
市民を中心として、震災の記録や復興のプロセスを、映像、写真、音声、テキストなどでアーカイブとして蓄積し、発信しています。詳しくはこちらから。

1
ちょうど7階のサロンで、記録の一部が展示されていました。定点観測の写真や震災前後の比較写真などのパネルが並んでいます。

2_2
津波の後、かさ上げ工事が始まるまでの少しの間でも、自分たちが住んでいた土地にたくさん花を植たいと集まっている婦人たちの活動記録がモニターに流れていました。
このホールは地震発生時ほとんどの天井のパネルが落ち、たまたまこの階の会議室にいた在仙の友人がメールで送ってきた写真を見て、よく無事だった、と安堵したことを思い出しました。

Photo
展示コーナーの一角では、それぞれの記録がLPレコードジャケットの大きさでまとめられ、裏面には記録者のコメントや、内容が見られるURLなどが書いてあります。

Photo_2
1階のカフェ。オープン直後で空いていたので、のんびりコーヒーを飲みました。

2_3
この「せんだいメディアテーク」は伊東豊雄氏の設計。曇り空にガラスのファサードが融けていくような、不思議な景色でした。ガラスに映るケヤキ並木もまだ枯れていますが、春はもうすぐ。(Nak)


|

« 染の小道の林芙美子記念館 | トップページ | キャベツとブロッコリー »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れないために:

« 染の小道の林芙美子記念館 | トップページ | キャベツとブロッコリー »