« 廃墟の美 | トップページ | ネイルサロン? »

2017年3月30日 (木)

「標的の島 風(かじ)かたか」を観て下さい!

Sskmbt_c20317032910250_0001

先週の3月25日から、東京・ポレポレ東中野で「標的の島 風(かじ)かたか」が公開されています。「風かたか」とは「風よけ」のことです。オープニングでその意味が分かります。

Sskmbt_c20317032910250_0002

この作品が、三上智恵監督の3作目です。ぜひ、多くの人に見て欲しいと切に思います。

Sp3290002

デビュー作はテレビのドキュメンタリーを映画化した「標的の村」でした。沖縄本島北部やんばる(山原)にある東村高江集落を取り囲むように米軍ヘリパッドの建設が計画され、工事の中止を求める地元住民の非暴力抵抗運動を中心に描かれています。僕はこの映画を観るまで、高江のことを全く知りませんでした。

Sp3290015

2作目は「戦場(いくさば)ぬ止み」。政府は名護市辺野古に、普天間基地の代替と言いながら、滑走路を2本に増やし、巨大な強襲揚陸艦が接岸できる軍港まで備えた新基地の工事を進めようとしています。アオサンゴの大群落があって、ジュゴンの棲む貴重な海、大浦湾を埋立て、戦後初めて日本国から米国に新しい基地を差し出すことに反対する住民たち。オスプレイが普天間基地に飛来します。

Sp3290016

そして、3作目の「標的の島 風かたか」は高江、辺野古の今に加えて、宮古島、石垣島で自衛隊ミサイル基地の建設計画に反対する地元の人々が丹念に描かれます。宮古島は僕が40年前、最初に行った沖縄で、本島からはプロペラ機でした。
写真は、それぞれの映画に関連する書籍で、下の2冊は三上さんの撮影記、写真集「やんばるで生きる」は解説を書かれています。映画館が遠くて観られない方は、ぜひ、こちらをお読みください。
なお、色付きの映画タイトルをクリックすると、それぞれの公式サイトにリンクします。予告編を観ることが出来ます。一見は百聞に如かずとか。(Shio)

保存

|

« 廃墟の美 | トップページ | ネイルサロン? »

平和について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「標的の島 風(かじ)かたか」を観て下さい!:

« 廃墟の美 | トップページ | ネイルサロン? »