« 原寸ゴジラ | トップページ | 「戦争」の展示をハシゴする »

2017年8月 3日 (木)

南木曽への旅

中央高速道を約270km往復して、伊那・南木曽方面に出かけました。初めて訪れた「妻籠宿」。江戸時代の宿場町の面影を残す町並みが保存されています。「電柱」はありません。

2
妻籠宿の人たちは、昭和40年代前半に町並みを守る運動に率先して取り組み、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、その保存事業によって景観が維持されています。ここでは民宿や、飲食店、土産店などが営まれ、人の「生活する」町並みが見られます。

Photo
軒先の花飾りです。秋、藁に渋柿を入れて干した後、取り出した穴に花瓶を入れて花を飾ったものだそうで、みんな足を止めて見ていました。

Photo_2
囲炉裏のある間の、ひび割れた土壁が格好良いです。

Photo_3
公開されている「脇本陣」の座敷では、旧暦で祝う七夕の竹飾りが飾られていました。ちょうど外人さんのグループが来ていて、珍しそうに記念撮影をしていました。

Photo_4
あまりの暑さに、茶店に飛び込んで「かき氷」を食べました。クーラーはなくとも、あっという間に涼しくなりました。日本の夏・・満喫というところでしょうか。(Nak)







|

« 原寸ゴジラ | トップページ | 「戦争」の展示をハシゴする »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/65612217

この記事へのトラックバック一覧です: 南木曽への旅:

« 原寸ゴジラ | トップページ | 「戦争」の展示をハシゴする »