« 青山・ペガサスビル | トップページ | 北鎌倉の斜め張り »

2017年10月12日 (木)

羊のいるワイナリー

中央本線・各駅停車に乗って1時間半で、「勝沼ぶどう郷駅」に到着。向かった先は「日本最古のワイナリー」といわれている「マルキワイナリー」です。
Photo_3
ぶどう畑に向かうと、なぜか羊たちがお出迎え。何かもらえると思って、人懐こく近寄ってきました。この羊たちのお仕事は、と言うと・・・。

Photo_4
ブドウ畑の雑草を食べるのが仕事なのです。立派に実ったブドウ・「甲州」の棚の下でのんびり寛ぐ羊2頭。様々な雑草を増やすと地中の微生物も増加し、生命力のあるブドウの木が育つそうで、その雑草を羊が食べることで土が掘り返され、排泄物も自然の肥料になるとのこと。「不耕起草生栽培」というのだそうです。

Photo_5
貯蔵庫の入口に飾ってある、古いワインの瓶。創業者の土屋さんは、明治10年ころ渡仏してワイン醸造を学び、明治24年に「マルキ葡萄酒」を設立したそうです。

Photo_6
この樽に入れて数か月から1年ほど寝かせ、そのあと瓶詰にされていきます。フランス製のオークの木で、良い香りが漂っていました。一通り見学した後は、もちろん試飲もさせてもらいました。

Photo_8
ワイナリーの次は、ワイン用ではなく、生食用のぶどう園にも立ち寄りました。屋根のように広がるぶどう棚の下、何種類も試食させてもらい(逆上して?)色々買ってしまいました。こちらも自然農法で作られたブドウで、上品な、初めての美味しさでした。(Nak)








|

« 青山・ペガサスビル | トップページ | 北鎌倉の斜め張り »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊のいるワイナリー:

« 青山・ペガサスビル | トップページ | 北鎌倉の斜め張り »