« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月22日 (木)

「小平の家」 2月の訪問

先週末「小平の家」に伺いました。今回は、所属する「NPO木の家だいすきの会」の会員さん、事務局の山本さんと一緒です。完成して11年目に入った木の家の、住み心地の良さや木材の変化の様子などを見せていただきました。

Photo
2階のリビングは、施主ご主人の希望で黒く塗装した木材と白いプラスター塗りの壁が、古民家風の味わいです。小屋組みを見せた高い天井が開放的な空間。皆さんが談笑するカウンターの向こうは対面キッチンになっています。

Photo_2
カウンター横の梯子を上って障子を開けると、そこは小屋裏収納です。天井高は法規内の1.4mですが、両側に本棚を造り付けた立派な書庫です。夏はここでお昼寝すると、心地良いそうです。

Photo_3
古民家風のお宅は手前の建物で、奥の白い建物は同時期に設計して半年ほど後に完成した弟さん家族とお母様の2世帯住宅です。

1
奥のお宅は、階段のある玄関土間の吹き抜けが見どころです。2軒とも、東京多摩産の杉やヒノキを使っていますが、こちらは特に塗装せず、木材の色そのままを生かしています。

2
天井は杉の厚板張り。トップライトもあります。まったく同じ木材でも違った雰囲気になる面白さや、10年の経年変化などを体験させて下さった建て主さんご家族に感謝です。(Nak)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

アール・ブリュット中野2018

今年も中野では1月下旬から「NAKANO 街中まるごと美術館!アール・ブリュット -人の無限の想像力を探求する2018-」が開催されています。

Sp21201741

中野駅からブロードウェイセンターにかけてのサンモール商店街では天空ギャラリーでの横断幕(バナー)展示。

Sp21201761

ひとつひとつの作品に添えて、「想像が示す 個のチカラ」、「個々に秘められた 可能性の扉」、「様々な 想像のカタチ」など、アールブリュットの理念が掲げられています。

Sp21201861

中野南口駅前商店街の看板ギャラリーは「中野からナントに行った作家たち」というタイトルで作品ポスターが展示され、

Sp21201911

そして、ブロードウェイセンターの3つの階段ギャラリーでは昨年から今年にかけて、フランス・ナント市で催された「2017ジャパン×ナント プロジェクト」、アール・ブリュット「KOMOREBI」展の模様が紹介されています。

Sp21200901

また、中央階段では「子供向け作品紹介パネル」が展示されていますが、「ア-ルブリュットとは?」のパネルに「・・、「すごくつくりたい!」という気持ちから生まれる芸術作品のこと・・」、「芸術は習わなくても、すでに人の心の中にあるものだ」という一文があり、僕には最も腑に落ちる説明でした。

Sp212011311

2、4、6枚目に写っている作品の作者は、魲(スズキ)万里絵、辻勇二、古久保憲満(部分)の三氏。
なお、野方商店街の「アール・ブリュットde街おこし展」は既に終了しました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

心地よい暖房システムの体験

久しぶりの大雪の後、厳しい寒さの続く中、住まいの設計中のお客様・Oさんと、富ヶ谷にある「PS暖房機」のショールームを訪問しました。昨年、心地よい冷房の体験、ということで、8月にもうかがっています。

2
今の時期は、この白い羽根の中に低温の温水が通っていて、その放射熱で空間全体を暖めます。触っても熱くはなく、ふんわりした暖かさです。

2_2
夏は、この羽根の中に冷水を通して、緩やかな冷房にします。昨年夏、訪問した時は、羽根の表面がうっすら結露して、それも涼しげでした。今回は具体的に、冷温水の配管やドレイン管の付け方なども話題になりました。

Ps_2
こちらはタオル掛けにも使える電気ヒーターです。あまり電力も使わず、ちょっとした仕切りにもなります。夏に見た時は、形の確認だけでしたが、今回は掛けてあるタオルも暖かくなっており、Oさんも気に入られたようでした。

Photo
その後は代官山まで足を伸ばして、「生活アート工房」のショールームへ。石川県・小松市の工房で造る無垢木材の家具を展示販売しています。一歩足を踏み込んだだけで、ほっとするような展示スペースでした。

Photo_2
ここでは、Oさんご希望の「すのこベッド」を確認しました。杉のすのこで通気性が良く、この上に敷布団を乗せて使えるとのこと。高さも30㎝と低めで、布団を置いても使いやすそうです。
外は寒くても、身も心もホッとするショールーム巡りの午後でした。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

Beans阿佐ヶ谷てくて

Sp1280136

日曜日の午後、阿佐ヶ谷駅を出て、横断歩道を渡ると、生のジャズ演奏が聞こえてきました。「駅の商業施設を阿佐ヶ谷の人が立てるステージにする企画!」の一環でした。

Spb120124

数年前に高円寺寄りの高架下にあった2階建てのの商業ビル「ゴールド街」が取り壊され、引き続き耐震補強などの工事が行われていましたが、昨年の夏に「Beans阿佐ヶ谷てくて」が竣工、オープンしました。

Sp1280140

30を超える店舗が2層の中廊下形式で並んでいた「ゴールド街」とは大きく異なり、「まちにつながるオープンモール」と名付けられた構成は、大屋根の下に大小の屋台を散らばせたような雰囲気です。

Sp12801421

お店も、通路に面してガラス張りの常設料理教室や、本棚の並んだ「カフェまちライブラリー」など変化に富んで、広場にはオープンカフェも設けられています。路地をさらに進むと、「アニメストリート」というところに行きつくのですが、その詳細はまたいづれ、稿を改めて。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »