« アール・ブリュット中野2018 | トップページ | 「どんぐりの家」の模型づくり »

2018年2月22日 (木)

「小平の家」 2月の訪問

先週末「小平の家」に伺いました。今回は、所属する「NPO木の家だいすきの会」の会員さん、事務局の山本さんと一緒です。完成して11年目に入った木の家の、住み心地の良さや木材の変化の様子などを見せていただきました。

Photo
2階のリビングは、施主ご主人の希望で黒く塗装した木材と白いプラスター塗りの壁が、古民家風の味わいです。小屋組みを見せた高い天井が開放的な空間。皆さんが談笑するカウンターの向こうは対面キッチンになっています。

Photo_2
カウンター横の梯子を上って障子を開けると、そこは小屋裏収納です。天井高は法規内の1.4mですが、両側に本棚を造り付けた立派な書庫です。夏はここでお昼寝すると、心地良いそうです。

Photo_3
古民家風のお宅は手前の建物で、奥の白い建物は同時期に設計して半年ほど後に完成した弟さん家族とお母様の2世帯住宅です。

1
奥のお宅は、階段のある玄関土間の吹き抜けが見どころです。2軒とも、東京多摩産の杉やヒノキを使っていますが、こちらは特に塗装せず、木材の色そのままを生かしています。

2
天井は杉の厚板張り。トップライトもあります。まったく同じ木材でも違った雰囲気になる面白さや、10年の経年変化などを体験させて下さった建て主さんご家族に感謝です。(Nak)






|

« アール・ブリュット中野2018 | トップページ | 「どんぐりの家」の模型づくり »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小平の家」 2月の訪問:

« アール・ブリュット中野2018 | トップページ | 「どんぐりの家」の模型づくり »