« 「小平の家」 2月の訪問 | トップページ | イタリアでスキー’18 »

2018年3月 1日 (木)

「どんぐりの家」の模型づくり

埼玉県草加市に建つO邸は、基本設計を終えて、現在、実施設計を進めています。

Simgp23401

基本設計の段階では、100分の1の模型で屋根の掛け方や窓の大きさ、大まかなボリュームをチェックしました。

Sp22701461

仕上げや平面、断面、矩計や設備の基本的な方向を決定したのち、実施設計と並行して50分の1の模型を作っています。間取りの検討をするために屋根は取り外すことが出来ます。

Sp22701511

O邸では、屋根を支える小屋組みを表(あらわ)しにする方針なので、見え方を確認するために、梁や小屋束、母屋をスチレンペーパーを切り抜いて作りました。

Sp22400851

我々の世代は、模型を白一色で作ることが多いようです。検討用に作るので、間仕切りや窓の位置が変わる度に切ったり貼ったりするので、僕は「フランケンシュタイン・モデル」と呼んでいます。(Shio)

|

« 「小平の家」 2月の訪問 | トップページ | イタリアでスキー’18 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんぐりの家」の模型づくり:

« 「小平の家」 2月の訪問 | トップページ | イタリアでスキー’18 »