« 馬の健康診断 | トップページ | 夏の建具 »

2018年6月21日 (木)

梅雨の晴れ間に

P6190299

半地下にあるアトリエの、西の窓から外の様子が分からなくなってしまいました。晴れているのか曇っているのか雨なのか。

P6190301

梅雨の時期になると、毎年のことではありますが、キヅタが窓を塞いでしまいます。共同住宅のアプローチもベニカナメモチのトンネルになります。

P6190304

トンネルを抜けて空を見上げると、3階にある植え込みからアベリア(ハナゾノツキバネウツギ)が顔を出していました。植えてから来年で20年になりますが、毎年小さな花を見せてくれます。

P6190310_2

アトリエに降りていく階段の脇、集合郵便受けの足元に植えられているのは、永井荷風の小説の題名に使われているオカメザサです。

P6190320

一昨日の梅雨の晴れ間、若い衆に頼んで窓を覆う蔦を刈り取ってもらいました。45ℓのゴミ袋3袋分。明るくなりました。西側なので、梅雨明けまでに簾を取り付けねばなりません。(Shio)

|

« 馬の健康診断 | トップページ | 夏の建具 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/66850968

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間に:

« 馬の健康診断 | トップページ | 夏の建具 »