« 上野桜木・市田邸にて | トップページ | 中野の民家・見学会 »

2018年7月26日 (木)

彩の森・とき川訪問

最高気温を記録したこの日、木材乾燥の打ち合わせに、埼玉県都幾川町の協同組合「彩の森とき川」を訪問しました。東京のどんよりした暑さとはまた違って、ストレートに陽光が届きます。「蒸し焼き」vs「直火焼き」といったところ。

Photo
まずは、木材の低温乾燥庫へ。約35℃で杉の木をじっくり乾燥しています。外より涼しいかも、と言いながら中に入ってみました。

Photo_2
気温は外と良い勝負ですが、湿度が60-70%あるので、やはり蒸し暑い感じはします。オレンジ色の丸いものは扇風機で、内部の空気を攪拌しています。

2

低温乾燥は加湿しながら行うので、いわゆる「しっとり肌美人」の様な木材に仕上がります。杉材の色も優しい赤みが残っています。

Photo_3
今回、訪問したのは、NPO木の家だいすきの会・事務局の2人、工務店2人、設計2人で、これから低温乾燥材を使う住宅に関わる予定のメンバーです。

Photo_4
秋から工事が始まる「どんぐりの家」の柱に使う予定の丸太は、玉伐りされて製材を待っています。この丸太は昨年11月の伐採見学会で伐られたもので、どんな柱になるのか楽しみです。

Photo_5
帰る途中は、いつもの「うどん屋」さんへ立ち寄りました。民家を移築した立派な店構えです。暑いながらも爽やかな、「とき川訪問」でした(Nak)








|

« 上野桜木・市田邸にて | トップページ | 中野の民家・見学会 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/66986069

この記事へのトラックバック一覧です: 彩の森・とき川訪問:

« 上野桜木・市田邸にて | トップページ | 中野の民家・見学会 »