« 彩の森・とき川訪問 | トップページ | 八ヶ岳高原の夏休み »

2018年8月 2日 (木)

中野の民家・見学会

地元・中野で、「日本民家再生協会・JMRA」の民家見学会があり、参加しました。事務所から歩いて15分ほど、静かな住宅街に、緑に囲まれた一角がありました。手放すことになったこの建物を、取り壊さずに何とかこの場所で生かしてくれる人に引き受けてもらえれば、という持ち主の希望で、今回の見学会が行われました。

Photo_2
門を入って、大きなアカマツのあるアプローチを歩いていくと、突き当りが玄関です。モダンなガラス戸を開けると靴がいっぱいでした。今回は見学者多数。

Photo_3
このお宅は築100年程とのことですが、ずっと住み続けられていた様で、あまり傷んでいません。ヒノキの柱など良材が使われていて、大工さんの丁寧な仕事ぶりが感じられます。
「JMRA」世話人の建築家Sさんから、民家再生に向かってのお話をうかがいました。

Photo_4
欄間なども凝ったところがありませんが、バランスがとれた意匠で、シンプルな美しさを感じました。よく見ると、無節のきれいな木材が使われています。

Photo_5
下駄箱も、大きさの違う戸棚を格子戸のデザインで統一して作っています。使いやすそうに考えられています。

Photo_6
玄関ポーチの目隠し格子には、こんな照明が組み込まれていました。

Photo_7
敷地は150坪とのことで、建物と庭とのバランスもなかなか得難い余裕があります。ほの暗い室内から縁側を経て、木の茂る庭へと続く空間のつながりに、日本建築の持つ心地よさを感じました。(Nak)


|

« 彩の森・とき川訪問 | トップページ | 八ヶ岳高原の夏休み »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/67010754

この記事へのトラックバック一覧です: 中野の民家・見学会:

« 彩の森・とき川訪問 | トップページ | 八ヶ岳高原の夏休み »