« 祝・国宝昇格 | トップページ | 斜め張り屋根の表(あらわ)し試験 »

2018年9月 6日 (木)

「野菜通り」の夏

私の住む国分寺市は東京の農村地帯です。宅地化していく中で、古くからの農家が畑を守って頑張っています。
Photo_2
家の近くには、こんな風景が広がっており、季節ごとに色々な作物が植えられています。

Photo_3
通称「野菜通り」という、農家が並んでいる通りでは、道路沿いの門の入口で野菜の直売をしています。顔なじみのおばさんと言葉を交わしながら、採れたて野菜を買うのが楽しみです。

Photo_4
ちょうど夏野菜の終わりの時期なので、品物の種類も少なめですが、新鮮で安いので、あっという間に売り切れます。
国分寺では、こんな地元の農業や野菜の魅力を知ってもらうために「国分寺三百年野菜 こくべじプロジェクト」を立ち上げ、地域の活性化に取り組んでいます。

Photo_5
こちらは、やはり近所のかかりつけの動物病院の前ですが、「幻の赤米」栽培中。20年前に市内で発見された、赤米「武蔵国分寺古代米」を復活させよう、というプロジェクトで、市内の庭先で少しづつ栽培してもらおう、というものだそうです。順調に生育中でした。

Photo_6
この日の「お買いもの」です。これから秋に向かって、どんな野菜が登場するか楽しみです。(Nak)







|

« 祝・国宝昇格 | トップページ | 斜め張り屋根の表(あらわ)し試験 »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/67134646

この記事へのトラックバック一覧です: 「野菜通り」の夏:

« 祝・国宝昇格 | トップページ | 斜め張り屋根の表(あらわ)し試験 »