« 上野・国際子ども図書館 | トップページ | 海の干支、3巡目に入ります »

2018年12月27日 (木)

冬至の日は穴八幡へ

今年も12月22日・「冬至」の日に、早稲田にある穴八幡神社へ「一陽来復御守」をもらいに行きました。金銀融通の御守とも言い、冬至の「ゆず」と「融通」をかけているそうです。でも、あくまで「融通」なので、一発大儲け・・というご利益はないらしい・・?です。

1
今年は昼頃から小雨模様の天気でしたが、この行列。一目見て、昨年より3割くらい人が多い様な気がします。

2
「やっぱり景気が悪いんだね・・。」等々、行列に並びながら皆さん話しています。2時間半待ちは覚悟しなければ!

Photo
予想より少し短く、2時間弱で建物の中の売り場に到着しました。ここでも20分くらいは並びますが、屋根があるのでホッとします。ずらりと窓口が並んでいて、御守が飛ぶ様に売れていきます。

Photo_2
御守を手に入れた後は、社殿にお参りしました。こちらも長い人の列です。

Photo_3
雨も小降りになった境内は、カラフルな露店がたくさん並んでいて、ここへ来ると「年末なんだな」と実感がわいできます。

Photo_4

「一陽来復」とは陰が極まり陽に転じる、の意味で、この日を境に昼がだんだん長くなる「冬至」に祭ることに意味があるとか。(大晦日や節分の日も可) 毎年変わる方角の壁や柱に、夜中の12時に貼りつけます。今年は「申酉」の方角。来年はどんな年になるのでしょうか。(Nak)






|

« 上野・国際子ども図書館 | トップページ | 海の干支、3巡目に入ります »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬至の日は穴八幡へ:

« 上野・国際子ども図書館 | トップページ | 海の干支、3巡目に入ります »