« 海の干支、3巡目に入ります | トップページ | 「なにもののためでなく」展で両国へ »

2019年1月10日 (木)

冬の馬橇体験

寒いこの時期、北海道で雪上乗馬を体験したいと思い、知り合いの牧場を訪ねてきました。

Photo_2
12月に降って以来、ほとんど雪が降らず晴天続きだそうですが、眼下に広がる畑はきれいに雪化粧です。遠くの日高山脈も真っ白。青い空が広がっています。

Photo_3
最高気温がマイナス6度、朝の最低気温はマイナス20度でした。それでも風がなく、陽が照ると、気持ちが良いくらいの体感温度です。畑の上を丹頂鶴のファミリーが優雅に舞っていました。

Photo_4
今回のもう一つの楽しみは、「馬橇体験」です。輓馬(ばんば)の血が入っている力持ちのモモちゃん(♀)に橇を曳いてもらいます。

1
この橇は、昔、この地方の農家で物を運ぶのに使われていたものを譲ってもらい、牧場のご主人が、座席になる箱を取り付けたそうです。橇は木製で曲木を組み合わせる技術などには感心させられます。6人乗りですが、モモちゃんは楽々引っ張るようです。

Photo_5
教えてもらいながら「御者」体験もしました。結構なスピードで走っております。2本のロープと掛け声でこちらの意志を伝えるのは難しいのですが、気持ちが伝わった時は嬉しくなります。モモちゃんはHNKのドラマにも出演したことのある「女優さん」です。(Nak)








|

« 海の干支、3巡目に入ります | トップページ | 「なにもののためでなく」展で両国へ »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の馬橇体験:

« 海の干支、3巡目に入ります | トップページ | 「なにもののためでなく」展で両国へ »