« 「なにもののためでなく」展で両国へ | トップページ | ギャラリー鴻「特撮のDNA」展 »

2019年1月24日 (木)

ときがわ「羽工房」訪問

春の完成目指して工事中の、「どんぐりの家」の施主Oさんと、家具製作の羽工房を訪ねました。今回は、食器棚、ダイニングテーブルと椅子のデザイン、寸法の最終確認です。

Photo
工房に併設のショールーム兼オフィスです。胡桃材を中心に手作りされた様々な家具が並んでいます。箸やスプーン、ランチョンマット、キーホルダーなどの小物もたくさん。

3
ダイニング用の椅子はサイズが3種類あります。写真の関係で極端に見えますが、手前から大、中、小。体の大きさにより、座り心地が違うので、実際に体験するのが大切です。

1
椅子に座ってみたOさん。ちょうど良い寸法のものを選ばれました。胡桃材のほど良い硬さ、座面の加工など、なかなか快適な座り心地です。

Cd
これはCDラックで、底面が傾いているのがポイント。30枚ほど並べて置けます。奥の壁に吊るしてあるのは、色々な形のカッティングプレートです。

                          ▼

                          ▼

今回は、少しの時間でしたが、隣の小川町も羽工房・石橋さんに案内していただきました。お邪魔したのは、コミュニティスペース&カフェの「たまりんど」。

Photo_2
明治初期の長屋を改修した建物で、カフェやイベントスペースに利用しています。魅力的な古道具や、こだわりの小物の展示・販売も。右手の急な階段を上ると・・・。

Photo_3
2階はオーナー自ら改修した屋根裏?空間。床を張り、壁と天井に「和紙」を貼っています。古い梁と調和した、居心地の良いスペースでした。こんな楽しい場所が、小川町にはたくさんあるようです。(Nak)







|

« 「なにもののためでなく」展で両国へ | トップページ | ギャラリー鴻「特撮のDNA」展 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ときがわ「羽工房」訪問:

« 「なにもののためでなく」展で両国へ | トップページ | ギャラリー鴻「特撮のDNA」展 »