« どんぐりの家・工事進行中 | トップページ | 中野桃園稲荷神社の夜 »

2019年2月14日 (木)

黄昏の横浜

先日、横浜の「赤レンガ倉庫」で、馬に関するイベントが開かれ、北海道の友人がブースを出していたので、遊びに行きました。横浜は久しぶりです。

Photo_2
赤レンガ倉庫の2号館。妻木頼黄の設計で1911年に竣工しました。倉庫としての役割を終えてからしばらく放置されていましたが、2002年にリニューアルオープンして、横浜の観光拠点として活躍中です。カフェやレストランが入っていて、この日も賑わっていました。

Photo_3
裏に回ると鉄骨の廻廊が付いています。港に面して、荷物の受け入れなどをしていた部分でしょうか。この「長さ」が格好いいのです。

Photo_4
近寄ってみると、鉄部のディテールが面白く、見飽きません。白く見えている天井部分も、平らではなく、緩くカーブしています。

Photo_5
メッセ会場は、1号館のほうでした。こちらは主に文化的なイベントに使われています。レンガの壁を生かして、設備等を組み込んだ鉄骨の機能的な天井を組み合わせています。たくさんのブースがひしめいていました。

Photo_6
友人のブースを訪ねて、しばらく喋った後、外に出るとすっかり夕方になっていました。1号館のシルエットと、暮れゆく空に浮かぶ月がきれいです。

Photo_7
大桟橋まで散歩して振り返ると、黄昏の「横浜みなとみらい」のビル群。日が暮れるまで、ずっと眺めていました。(Nak)









|

« どんぐりの家・工事進行中 | トップページ | 中野桃園稲荷神社の夜 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏の横浜:

« どんぐりの家・工事進行中 | トップページ | 中野桃園稲荷神社の夜 »