« 上尾の家の地鎮祭 | トップページ | スキー技術選手権の応援 »

2019年3月28日 (木)

上尾の家の鋼管杭

 Sp3190011          

上尾の家は地鎮祭から三日後、アルファフォースパイル工法という先端翼付き鋼管杭による杭打ち工事を行いました。

Sp3190018

図面に基づいて出された位置に、クレーンによって運ばれた翼付き鋼管を、オーガで回転し圧入していきます。排出される土砂はありません。

Sp3190031

1本では、堅固な地層に到達しないため1mぐらい残して回転を止め、中アテを挿入して下杭に上杭を次々に溶接しているところです。

Sp3190087

溶接された8mの杭を更に回転圧入し、支持地盤に届かせます。回転のスピードが極端に落ちるので、見た目にも地盤の力強さを感じます。

Sp3190090

クレーン先端のアタッチメントを交換し、杭の周辺を浅く掘って、基礎の底の高さで杭を切断、蓋を溶接しています。

Sp3190094

これらの作業を繰り返し、29本の杭を無事、打ち終わりました。 周囲の穴は埋められて、敷地は何事も無かったかのような平穏な姿に戻りました。(Shio)  

   

 

|

« 上尾の家の地鎮祭 | トップページ | スキー技術選手権の応援 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上尾の家の地鎮祭 | トップページ | スキー技術選手権の応援 »