« 木材検査とプレカット打合せ | トップページ | 上尾の家上棟 »

2019年4月18日 (木)

どんぐりの家の家具

  先日完成した「どんぐりの家」には、「羽工房」が製作した家具が入りました。胡桃材で丁寧に作られた食器棚とダイニングテーブル&椅子です。

Photo_3

キッチンセットの背面に食器棚を設置する準備をしているところです。床に土台となる木材をしっかり固定して戸棚の足元部分をはめ込み、本体も動かない様に留め付けます。

Photo_4

左半分が開き戸の食器棚。右半分はオーブンや炊飯器、ポットなどを置く棚です。施主のOさんと、使い方を細かく打ち合わせながら計画しました。キッチンと通路部分を緩やかに区切る間仕切り的な役割もあります。

Photo_6

こんな特注のキッチンスツールも。使い心地よく、重くなく、美しい椅子です。

S_4

今度はダイニングテーブルの組み立てです。長年寝かせておいた胡桃の板は、裏もきれいな木目です。天板は180㎝×90㎝、高さは63㎝と低めで、椅子もそれに合わせて座面を36㎝にしているので、座るととても落ち着きます。

Photo_2

家具が入ると空間が一気に引き締まります。カラマツの床、杉の天井や建具、造作材、左官仕上げの壁等とマッチして、優しい雰囲気になりました。「羽工房」は、この家で使われている柱や梁の木材の産地と同じ、埼玉県・ときがわ町の家具工房です。(Nak)

 

 

|

« 木材検査とプレカット打合せ | トップページ | 上尾の家上棟 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木材検査とプレカット打合せ | トップページ | 上尾の家上棟 »