« 浅草・三社祭の今と昔 | トップページ | 10年目の風の便り »

2019年5月30日 (木)

上尾の家・工事進行中

3月中旬に着工した「上尾の家」は、4月に無事、上棟し、工事が順調に進んでいます。施主は「木の家だいすきの会」の会員さん。工事担当は笹森工務店です。

Photo_19

少し前になりますが、瑕疵担保保険の構造検査を受けている様子です。もちろん問題なく合格です。

Photo_20

木組みが見える家にしたい、という施主の希望で、柱や梁、屋根の杉野地板を現しにしています。ここは施主の寝室・書斎になる2階部分。天井高さが抑えられている分、小屋組みや野地板が間近になり、屋根裏部屋の様な雰囲気です。

2_1

今回は2階の床下地に、合板ではなく、30㎜の杉厚板を斜めに張る工法を採用しています。2階床仕上げはこの上に「桧板」を張る予定です。ここに写っている2階床梁も1階の天井に見えてきます。木材は埼玉、とき川の杉を使っています。

Photo_21

小屋裏の収納の床も杉厚板斜め張り。ここは仕上に板を張らず、下張りのままで、荷物を入れる予定ですが、出来上がったら面白い空間になりそうです。

Photo_22

居間の吹き抜けには、まだ養生の紙に包まれていますが、24㎝角の大黒柱が立っています。これは昨年の11月、とき川の山で伐採に立ち会い、「協同組合・彩の森とき川」からプレゼントしてもらった杉の木を製材したものです。山の中と同じように「すっくと」立っています。(Nak)

|

« 浅草・三社祭の今と昔 | トップページ | 10年目の風の便り »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅草・三社祭の今と昔 | トップページ | 10年目の風の便り »