« 小石川後楽園、再々訪 | トップページ | 緑のカーテン2019 »

2019年7月 4日 (木)

30年目の集合住宅

1989年(平成元年)に竣工した「新井薬師の集合住宅」は2回目の大規模改修を行いました。

P4040012

商店街に面したファサードは三層構造で、屋根は銅板葺きの三次曲面、外壁はタイル張りの二次曲面です。改修に備えてずっと地下倉庫に保存してあった予備のタイルが、今回役に立ちました。

P3300218  

集合住宅の入り口は裏通りにあります。そこに付けられている装飾金物は、ここで営まれていたお米屋さんの店先の、軒を支える方杖として使われていたものです。錆を落として再度、塗装し直しました。

P3260041

銅板の屋根は当初、鈍い金色でした。工事中には落ち着いた黄土色に変わりましたが、30年経って立派なメンテナンスフリーの緑青に育ちました。

P3200065

 プランの中央にエレベーターと階段があります。周囲の建物に囲まれているため、少しでも採光を得たいと、床板をステンレスのグレーチングで作りました。これもメンテナンスフリーです。雨もかかるのだから面積に算入しないで欲しい、と役所に掛け合いましたが駄目でした・・・。(Shio)

 

 

|

« 小石川後楽園、再々訪 | トップページ | 緑のカーテン2019 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小石川後楽園、再々訪 | トップページ | 緑のカーテン2019 »