« 上尾の家、大工工事完了 | トップページ | 早稲田通りの「自転車専用」 »

2019年7月25日 (木)

馬小屋を自力建設で

神奈川県から北海道・十勝に移住した友人夫妻は、馬を家で飼うために、色々と環境整備中です。

Photo_20190724184902
まずは、敷地の周囲をしっかりした柵で囲います。周りは他所の農家の大事な畑なので、馬が出て行ったりすると大変なのです。ここは馬の運動場になるところで、白いペンキを塗ったら、いかにも「牧場」らしくなりました。

S_20190724184901
そして敷地の隅に、馬小屋を「自力建設」で作り始めました。これは5月頃の風景です。木製の電柱材を地面に敷き、その上に土台を取り付けています。白アリは出ないそうですが、防腐剤はしっかり塗っていました。右の写真では、出入り口の枠と腰壁を組み合わせて建ち上げています。

Photo_20190724184901
壁が建ち上がっています。3頭分の小屋になるらしい。とりあえず「道産子」と呼ばれる小型の馬、1頭が住む予定です。屋根はこれからです。一部2階を作ろうかという案もある様です。

Cimg6600
窓はこれから開けるそうですが、後姿も面白いです。ホームセンターで買える2”×4”材や合板をうまく使っているのに感心しました。

Cimg6580
自力建設のチームを率いるのはこの方。チーム、と言っても乗馬クラブの馬仲間で、ほとんどが女性ですが、土木作業、大工仕事、ちょっとした設備の工事もみんな自分たちでやってしまうのです。このように馬のトレッキングガイド等の仕事があるので、工事がなかなか進まないそうですが・・。(Nak)

|

« 上尾の家、大工工事完了 | トップページ | 早稲田通りの「自転車専用」 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上尾の家、大工工事完了 | トップページ | 早稲田通りの「自転車専用」 »