« 成城散歩・外伝-世田谷区役所 | トップページ | 景観の経過観察(前編) »

2020年2月20日 (木)

どさんこ「カーキー」仕事する

どさんこ(=北海道和種馬)のカーキー(♀)は以前通っていた乗馬クラブの馬でしたが、閉鎖されたため、縁あって長野県佐久平の牧場で暮らしています。広い場所で餌もしっかり食べ、のんびり暮らしていましたが、今年に入って「障碍者乗馬」という大事な「仕事」をすることになりました。

A_20200219201701
カーキーに乗るのは、手足が不自由で車いすに乗っているKanaちゃん。
以前からこの牧場に通い、乗馬を楽しんでいましたが、パートナーだった馬が昨年急逝し悲しい思いをしていたところに、新しい相手としてカーキーに白羽の矢が立ったというわけです。今回は2回目です。

1a
理学療法士さんやインストラクターにサポートされて、馬の背に乗ります。カーキーは背は低いのですが胴体は太目なので、足がうまく開かないと少々苦労します。カーキーはじっと待っています。

2a
両側から支えられながら、ゆっくり歩きます。馬の暖かい背に揺られていると、こわばっていた身体も次第にリラックスしてきて、バランスも良くなってきました。

A
30分ほど乗って、ちょっと疲れたそうです。時折雪も舞う寒い中、頑張りました。カーキーも指示をしっかり聞いて、いつになく?真面目な顔で歩いていました。これなら障碍者乗馬の仕事を安心して任せられそうです。

2_20200219204301
乗り終わって、何やら話し合うKanaちゃんとカーキー。2回目にして、お互いに信頼関係が深まったようです。これからも2人(?)で乗馬ライフを楽しんでください!(Nak)



 

 

|

« 成城散歩・外伝-世田谷区役所 | トップページ | 景観の経過観察(前編) »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成城散歩・外伝-世田谷区役所 | トップページ | 景観の経過観察(前編) »