« どさんこ「カーキー」仕事する | トップページ | 中野の音楽スタジオ »

2020年2月27日 (木)

景観の経過観察(前編)

「十八日は幸い晴れた。明子が、いままで飽きるほど通りすぎることはあっても、降りたことのなかった中野駅を、蕗子の兄の指示通り右側に出た。

190927p9270020

ちょうど駅前の広場に並んでいた「府立療養所」ゆきのバスには、乗客が乗りこむところだった。

191009pa090117

明子は迷わず、その列のあとについてバスに乗った。

191011pa110182

蕗子からの速達はもう着いていて、それには明子を安心させるようなことばかり書いてあり、それが彼女をおちつかせていた。

191112pb120498

バスは、高い鉄塔のいくつもいくつも立っている電信隊の塀に沿ってしばらく走り、それから、店々の並ぶ通りをぬけ、

191128pb280707

また、高い塀の長くつづく刑務所の外側を走りぬけてちょっとゆくと、林や畑のある風景の中にはいった。・・・」

191205pc050750

上記は、荻窪に住んでいた石井桃子さんの「幻の赤い実」の一節です。この中に出てくる刑務所が、豊多摩監獄が前身の中野刑務所で、この写真の通りをバスが走っていました。

200114p1141181

刑務所は35年前に平和の森公園になり、高い塀が無くなってすっきり開けていた景観が、今また、道路際のでっかい建物によって、変わりつつあります。

 200227p2271431

その経過を、わが事務所の前からお伝えします。写真は上から、2019年9月27日、10月9日、10月11日、11月12日、11月28日、12月5日、2020年1月14日、2月27日。(Shio)

|

« どさんこ「カーキー」仕事する | トップページ | 中野の音楽スタジオ »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どさんこ「カーキー」仕事する | トップページ | 中野の音楽スタジオ »