住宅

2019年4月18日 (木)

どんぐりの家の家具

  先日完成した「どんぐりの家」には、「羽工房」が製作した家具が入りました。胡桃材で丁寧に作られた食器棚とダイニングテーブル&椅子です。

Photo_3

キッチンセットの背面に食器棚を設置する準備をしているところです。床に土台となる木材をしっかり固定して戸棚の足元部分をはめ込み、本体も動かない様に留め付けます。

Photo_4

左半分が開き戸の食器棚。右半分はオーブンや炊飯器、ポットなどを置く棚です。施主のOさんと、使い方を細かく打ち合わせながら計画しました。キッチンと通路部分を緩やかに区切る間仕切り的な役割もあります。

Photo_6

こんな特注のキッチンスツールも。使い心地よく、重くなく、美しい椅子です。

S_4

今度はダイニングテーブルの組み立てです。長年寝かせておいた胡桃の板は、裏もきれいな木目です。天板は180㎝×90㎝、高さは63㎝と低めで、椅子もそれに合わせて座面を36㎝にしているので、座るととても落ち着きます。

Photo_2

家具が入ると空間が一気に引き締まります。カラマツの床、杉の天井や建具、造作材、左官仕上げの壁等とマッチして、優しい雰囲気になりました。「羽工房」は、この家で使われている柱や梁の木材の産地と同じ、埼玉県・ときがわ町の家具工房です。(Nak)

 

 

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

木材検査とプレカット打合せ

P4020081

先週の火曜日は「協同組合 彩の森とき川」に行き、「上尾の家」に使われる構造材の全量検査に立ち会いました。計測されていた含水率とヤング率を確認し、目視でそれぞれの色、艶などを見ていきます。

P4020062

次に図面と照合しながら、どの位置にどの材を配して、どの面を見せるか、主な柱、梁について決めていきます。節などは見た目もですが、構造的にも力の掛かるところはNGです。

P4090022

そして、今週の火曜日、飯能市のプレカット工場、日本住建㈱に赴き、まづ、会議室で打合せをしました。前もってメールで図面のやりとりはしていましたが、やはり面と向かっての打合せは重要です。前日にとき川の木材が届いていました。

P4090019

工場では現物を見ながら、改めて決められた柱と位置を確認し、240角の大黒柱の面の大きさや、小屋梁端部のカット寸法などを打ち合わせました。春を迎えて慌ただしくなって来た今日この頃です。(Shio)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

上尾の家の鋼管杭

 Sp3190011          

上尾の家は地鎮祭から三日後、アルファフォースパイル工法という先端翼付き鋼管杭による杭打ち工事を行いました。

Sp3190018

図面に基づいて出された位置に、クレーンによって運ばれた翼付き鋼管を、オーガで回転し圧入していきます。排出される土砂はありません。

Sp3190031

1本では、堅固な地層に到達しないため1mぐらい残して回転を止め、中アテを挿入して下杭に上杭を次々に溶接しているところです。

Sp3190087

溶接された8mの杭を更に回転圧入し、支持地盤に届かせます。回転のスピードが極端に落ちるので、見た目にも地盤の力強さを感じます。

Sp3190090

クレーン先端のアタッチメントを交換し、杭の周辺を浅く掘って、基礎の底の高さで杭を切断、蓋を溶接しています。

Sp3190094

これらの作業を繰り返し、29本の杭を無事、打ち終わりました。 周囲の穴は埋められて、敷地は何事も無かったかのような平穏な姿に戻りました。(Shio)  

   

 

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

美味しいセミナー

春らしく暖かな土曜日、埼玉県川島町の「リペアカフェいちじく」で、「薪ストーブ体験+家づくりセミナー」が開かれました。主催はNPO:木の家だいすきの会です。薪ストーブを使った料理も楽しめる・・ということで、女性の参加者多し!
ここは、家具や建具の製作・リペアを手掛けるOさんが開いたイベントスペース&カフェです。

2
木の家だいすきの会のメンバー・アトリエヌックの設計で、丸太の梁がダイナミックな木造架構は地元の大工さんが作り、内部仕上げはオーナーさん自ら手掛けたそうです。センスの良い小物の販売も取り扱っており、皆さん早速、興味深々です。

1
やはり中心は薪ストーブです。スペイン製でとても燃焼効率が良いとのこと。前面のガラス扉の奥で燃える炎が美しい。上に乗せた鍋の中では野菜スープが出来上がっていました。

2_2
料理のメインは、薪ストーブで焼いたピザです。他にもサラダやデザート、飲み物が用意されていて、美味しいランチの始まりです。

F
2階からダイナミックな吹き抜け空間を見下ろしたところです。丸太の梁には、工事の際に墨付けした跡が、あえて残されていました。ちょうど桃の節句で、お雛様も並んでいました。

2_3
ランチの後は「家づくりセミナー」。4人の女性建築家がそれぞれのテーマで、お話をしました。小さなお客様(中央・左)も良い子で参加してくれました。お腹も心も満たされた午後でした。(Nak)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

どんぐりの家・工事進行中

10月に着工した「どんぐりの家」は、3月末の完成を目指して、工事が進んでいます。

Photo
先週は木製建具屋さんが新潟県新発田から来てくれて、施主Oさんと打ち合わせを行いました。壁はまだ骨組みが見えています。

Photo_2
週末は、壁にセルロースファイバー断熱材が吹き込まれ、外の光は透けなくなりました。間柱に貼りつけた布の裏いっぱいに吹き込まれ、安心感があります。

Pb
壁には石膏ボードが張られつつあります。この後は左官工事で仕上げる予定です。

Photo_3
ここは洗面所で、屋根野地板の斜め張りが見えていましたが、下に天井を張るので、この先は見えなくなります。

Photo_4
玄関ホールの壁、天井近くにこんな窓があります。これは玄関裏側、サービスヤードから見た見たもの。イメージは、玄関から見ると「満月に向かう月」。裏から見ると「新月に向かう月」。玄関ホールの明かりが窓を通して反射しています。(Nak)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

ときがわ「羽工房」訪問

春の完成目指して工事中の、「どんぐりの家」の施主Oさんと、家具製作の羽工房を訪ねました。今回は、食器棚、ダイニングテーブルと椅子のデザイン、寸法の最終確認です。

Photo
工房に併設のショールーム兼オフィスです。胡桃材を中心に手作りされた様々な家具が並んでいます。箸やスプーン、ランチョンマット、キーホルダーなどの小物もたくさん。

3
ダイニング用の椅子はサイズが3種類あります。写真の関係で極端に見えますが、手前から大、中、小。体の大きさにより、座り心地が違うので、実際に体験するのが大切です。

1
椅子に座ってみたOさん。ちょうど良い寸法のものを選ばれました。胡桃材のほど良い硬さ、座面の加工など、なかなか快適な座り心地です。

Cd
これはCDラックで、底面が傾いているのがポイント。30枚ほど並べて置けます。奥の壁に吊るしてあるのは、色々な形のカッティングプレートです。

                          ▼

                          ▼

今回は、少しの時間でしたが、隣の小川町も羽工房・石橋さんに案内していただきました。お邪魔したのは、コミュニティスペース&カフェの「たまりんど」。

Photo_2
明治初期の長屋を改修した建物で、カフェやイベントスペースに利用しています。魅力的な古道具や、こだわりの小物の展示・販売も。右手の急な階段を上ると・・・。

Photo_3
2階はオーナー自ら改修した屋根裏?空間。床を張り、壁と天井に「和紙」を貼っています。古い梁と調和した、居心地の良いスペースでした。こんな楽しい場所が、小川町にはたくさんあるようです。(Nak)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

斜め張りの屋根

Pb200549

どんぐりの家は順調に工事が進んでいますが、今回は棟上げに続いて行われた屋根下地斜め張りの景色を紹介します。

Pb200561

合板を使わずに、無垢の杉板を斜めに張ることで、水平構面(例えば、紙箱の蓋の役割)の耐震性を高める工法です。

Pb200530

施工のし易さを考慮して、12㎜の隙間を開けて張っていきますが、結果的に、そこから降り注ぐ光が工事中の室内に美しい模様を描いています。

Pb200569

断熱材を載せるまでの束の間の光景で、工事現場ならではの体験です。

Cimg4255

昨日、第三者機関による構造検査が行われ、無事合格しました。斜め張りで火打ち梁が無い理由を資料と共に説明、「なるほど」と感心されました。写真は4年前に実施した耐力試験の様子です。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

とき川で伐採見学会

11月18日(日)、埼玉県ときがわ町で、協同組合「彩の森とき川」主催の、杉の伐採見学会が行われました。NPO「木の家だいすきの会」の会員さん2組、工務店の人たちと、参加しました。

Photo_7
理事長Tさんのあいさつで開会。今年はずいぶん多くの方々が参加しました。小さな子供さん連れの方も見かけます。

Photo_8
車で10分ほど移動し、その後、細い山道を歩きます。今回は5本の杉の伐採を見学しました。このうち2本は、参加された会員さんの新築のお宅に、柱材としてプレゼント!されます。

Photo_10
伐採担当は、とき川の林業家Mさん。会員・Kさんが5本の中から選んだ真直ぐな杉の、倒す方向を確認しているところです。

Photo_11
まず、倒す方向を見極め「受け口」という切込みを入れます。ここが大切なポイント。その後、反対側からチェーンソーで伐っていきます。

Photo_12
大きな音をたてながら、杉の木が傾いていく姿は迫力があって感動的です。予定通りの位置に、無事に倒れてくれました。

Photo_13
樹齢60数年の杉の美しい切り口。きっと立派な大黒柱になってくれるでしょう。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

どんぐりの家の棟上げ

Img_32341

先週の木曜日は晴天の大安。どんぐりの家は棟上げを迎えることが出来ました。設計を始めてから約一年半、感慨無量です。

Pb150515

梁の幅は4寸、12㎝。その上を鳶の方々は軽々と材木を持って歩き、次々と組み立てていきます。いつも思うのですが、まるでサーカス。見飽きることがありません。

Pb150510

3週前の「美人の「柱」と「梁」」で紹介した大黒柱の上に太鼓梁が架けられました。美人の宿命、化粧材(そのまま仕上げとなる構造材)は養生紙で包まれ、中々姿を現しません・

Pb150563

Img_32751

母屋まで組んで、この日の作業は終了。夕方から上棟式に移りました。四隅の土台に、米、塩を盛ってお神酒を注ぎ、工事の無事と目を見張る完成を祈りました。草加に通う日が多くなります。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

木材の全量検査

Pa2801171

「協同組合彩の森とき川」の低温乾燥庫 から取り出した「どんぐりの家」の構造材です。中央から左側が柱に使われるスギで、右側が土台と大引きに使われるヒノキです。

Img_30911

先週の日曜日に木材の含水率とヤング率の測定などの全量検査を行いました。110番まで番号が振られた構造材を一本一本、測定します。上が含水率、下がヤング率の計測をしているところです。

Img_3084

今、手元にある「低温殺菌牛乳」の箱書きを見ると、66℃で30分間殺菌するそうで、一般的な「超高温殺菌」は120~150℃で1~3秒間殺菌。比べると前者の方が生乳の風味が強いとのこと。

Pa2801301

同様に、35℃で2ヶ月以上乾燥したスギの調湿性能は天然乾燥材とほぼ同程じで、表面構造もあまり壊されていないことが2年前の調査で分かっています。今回は3ヶ月乾燥しました。最後に重量の測定をしましたが、僕は腰痛の恐れがあるので回避。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧