まちづくり

2020年9月 3日 (木)

景観の経過観察(後編)

前編に続いて後編です。写真は上から2020年4月10日、5月30日、6月12日、9月2日です。

 P4101707_20200903104901

事務所が面する「平和公園通り」の周辺は、中野区が1993年に決定した「平和の森公園周辺地区地区計画」が定められています。

P5302210_20200903104901

それで、事務所の設計に際して道路境界を3m弱セットバックしました。11年前のブログ「並木をわたる風の匂い」で書いた並木道になる筈(?)なのです。

P6122214_20200903104901

現在6mの幅員が12mに拡幅される計画で、手前の矯正会館、下水道局も大きくセットバックして建てられています。ところがこの建物の前面道路の幅員は約8m。不思議に思っていました。

P9020003

それで今回、改めてこの地区計画の概要版を眺めてみると、計画幅員12mの「地区集散道路」は公園の前後で分断されていました。謎は解けたけど、やっぱり不思議だ。この「中野区立総合体育館」は「キリンレモン スポーツセンター」と名付けられ、10月1日オープン!(Shio)

 

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

隅田川のすみだリバーウォーク

20200820100552_00001

数年前、隅田川周辺をうろうろしていた時期があります。その時に東武線の鉄橋を描いていました。その絵の一部です。

P72601541

この鉄橋に今年の6月、歩道橋「すみだリバーウォーク」が併設され、オープンしました。

P72601551

既存の大きな橋よりも水面に近く、その分空を広く感じます。長さ160m、通路幅2.5m。魚釣りと飛び込みは禁止されています。

P7260164

図録より「まくら橋」」で紹介した北十間川にかかる枕橋は、源森川水門があって藤牧義夫の版画と同じ角度では見ることが出来ませんでした。それが可能になったのです!(金網が邪魔だけど)

P7260173

この写真とは反対の東側に渡り切って、鉄道高架下に新設された商業施設「東京ミズマチ」を歩いていけば東京スカイツリーに到達します。役1.4Km,20分ぐらい。

P7260181

子供の頃から見惚れていたこのアーチ形の鉄の造形(名前が分かりません。)をより近くで見ることが出来るのも嬉しいことでした。(Shio)

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

阿佐ヶ谷の「アルーク」

2年半前のブログ「Beans 阿佐ヶ谷てくて」の続きです。

P71223701

折を見て紹介しようと思っていたアニメ文化を発信する商業施設「阿佐ヶ谷アニメストリート」は、いつの間にか子育て世代を応援するコミュニティ空間「アルーク阿佐ヶ谷」に姿を変えていました。

P71223741

今年の4月から第1期がオープンし、カフェやレストランに加えて、学童保育や体操クラブ、英会話教室が入っています。

P71223731

北側のお店は奥行きが約4mで天井が高く、ロフトがあります。一方南側は奥行き約9mの広い空間が並び、壁面には合板が凹凸を付けて貼られています。

11

合板は西側から順番に長方形、三角形、円形に切り取られて重ねられ、影を活かして飾られていました。東に通り抜けると「桃園川緑道」につながります。(Shio)

P71925271

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

今週は「小中学校空中ギャラリー」

P50819331

中野駅北口サンモール商店街では、先週後半から「中野区内小中学校空中ギャラリー」が催されています。

P51219472

例年、区内の小中学校の美術部などの力作が展示され、母校の後輩達がどんな作品を発表するのか楽しみにしています。

P51219381

今年は医療関係者の方々への感謝の言葉と「人と人の距離を2メートル空けましょう」の文字も掲げられました。

Sp51219421  

この九尾の狐と海上の城が描かれた傑作は、題名が「一縷の黎明(いちるのれいめい)」で中野区立第五中学校の作品です。

P51219372    

商店街の突き当り、中野ブロードウェイセンターの入り口にも「ありがとう!医療関係のみなさん」の文字が。(Shio)

 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

中野通りの桜 2020(ニーマルニーマル)

P3251676

昨晩3月25日の夜、都知事が都民に向けて、週末の外出自粛を要請しました。新型コロナウイルスの感染者が大きく増えているのだとか。

P3251680

桜並木の中野通りは、9年前と同じくピンクの提灯がぶら下がっていません。4月3日~5日の「桜まつり」は中止です。

P3251691

24日の夜(日本時間)にはIOC(国際オリンピック委員会)が、東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期を決定しました。

P3251693

静かなお花見に誘ってみようと(誰を?)、中野通りを中野駅から北へ、哲学堂までの2㎞の桜並木を撮影したのが昨日のお昼。

P3251698

その日の夜の自粛要請でした。

P3251703

ネット情報によれば、総本数300本。

P3251712

満開に一歩手前ではありますが、少しは散策した気分になってもらえれば、幸いです。

P3251726

写真は駅前のサンプラザ脇から北上し、北野神社の前を抜けて西武線の踏切を渡り、5枚目給水塔の見える哲学堂前で折り返して、最後は早稲田通りとの交差点近くまで戻ってきました。ここは桜の天蓋です。(Shio)

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

景観の経過観察(前編)

「十八日は幸い晴れた。明子が、いままで飽きるほど通りすぎることはあっても、降りたことのなかった中野駅を、蕗子の兄の指示通り右側に出た。

190927p9270020

ちょうど駅前の広場に並んでいた「府立療養所」ゆきのバスには、乗客が乗りこむところだった。

191009pa090117

明子は迷わず、その列のあとについてバスに乗った。

191011pa110182

蕗子からの速達はもう着いていて、それには明子を安心させるようなことばかり書いてあり、それが彼女をおちつかせていた。

191112pb120498

バスは、高い鉄塔のいくつもいくつも立っている電信隊の塀に沿ってしばらく走り、それから、店々の並ぶ通りをぬけ、

191128pb280707

また、高い塀の長くつづく刑務所の外側を走りぬけてちょっとゆくと、林や畑のある風景の中にはいった。・・・」

191205pc050750

上記は、荻窪に住んでいた石井桃子さんの「幻の赤い実」の一節です。この中に出てくる刑務所が、豊多摩監獄が前身の中野刑務所で、この写真の通りをバスが走っていました。

200114p1141181

刑務所は35年前に平和の森公園になり、高い塀が無くなってすっきり開けていた景観が、今また、道路際のでっかい建物によって、変わりつつあります。

 200227p2271431

その経過を、わが事務所の前からお伝えします。写真は上から、2019年9月27日、10月9日、10月11日、11月12日、11月28日、12月5日、2020年1月14日、2月27日。(Shio)

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

ある早稲田通りの街路樹について

Pc120871

この季節、朝の通勤で横丁から早稲田通りに出るところで、正面に見えるこの街路樹のトウカエデが楽しみでした。

Pc150872

4日前、幹に貼られている赤いテープに気がつきました。その中の1本には「街路樹撤去のお知らせ」が貼られていました。

Pc150875

それによると、バスの停留所一区間を1月末まで撤去して、「常緑ヤマボウシ」に植え替えるとのこと。足元のリュウノヒゲ(?)も赤いテープでマーキングされていました。

Pc160893

確かに、毎朝の落ち葉の掃除は大変そうでしたが、あの光景が見られなくなるのは、残念至極。

Pc190991

今朝みたら、準備は着々と進んでいました。(Shio)

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

中新田・やすらぎ通り

このところ、宮城県・加美町の中新田に、時々出かけています。
久しぶりなので、懐かしい町中を歩いています。

22
30年以上前、まちづくり計画のお手伝いをする中で設計した「やすらぎ通り」の舗装。ピンコロ石で川の流れを表現した中に、「鮎」のレリーフタイルを散らばしています。

1_20191204200001
お寺の塀や植栽のおかげで、落ち着いた歩道になっています。秋の昼下がり、歩く人は少なく静かでした。

Photo_20191204195901
「鮎の里・中新田」に因んだこのタイルは30㎝角で、粘土で型を作り、焼いてもらいました。思っていたより傷みもなく、まだまだ元気です。

1_20191204200002
こちらは、32年前に設計した中新田の「鳴瀬小学校」。
今回、中新田に出かけているのは、この小学校のトイレ改修計画をお手伝いいすることになった為です。自分たちの初期の仕事に、また関われるのは幸せなことです。寒い時期ですが、気を引き締めて臨みたいと思います。(Nak)

 

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

秋の中新田へ

Pa300352

先月末、宮城県の旧中新田町(現加美町)へ行ってきました。32年前、小学校の現場に通ったところです。東北新幹線の古川駅で陸羽東線に乗り換えます。

Pa300362

この路線は非電化なので、線路に架線がありません。そのまま乗っていれば鳴子温泉に行けるのですが、この日は仕事だったので二つ目の西古川で下車しました。

Pa300372

お米「ササニシキ」、「ひとめぼれ」の故郷、大崎平野に位置するこの町には古くからの酒蔵が幾つもあって、町の景観の主要なポイントになっています。

Pa300389

その一角に虎の装飾がありました。毎年春に催される、宮城県指定無形民俗文化財「火伏の虎舞」を模しています。実際、瓦の高屋根の上、町の若衆による虎舞は勇壮そのものです。

Simg_6110

小学校に先立って、我々が最初にデザインしたのがこの「やすらぎ通り」です。蛇行したピンコロ石の流れの中を、町魚「鮎」(タイル)が今も元気(?)に泳いでいました。(Shio)

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

中野のナカノさん

P2230929

今年の2月頃から、中野のあちこちで不思議な看板やポスターを見かけるようになった。上は中野駅新駅舎工事現場の仮囲い、下は野方図書館の掲示板です。

Pa260331

キャッチコピーは「好きなように生きていれば たいがいのことは気にならない。」
そうだと良いなーと思います。

Pa190292

なんと中野区シティプロモーションの一環で「中野大好きナカノさん」プロジェクトだそうです。先日まで、中野サンモールの空中ギャラリーでは「「中野の人」ポートレート2019」とコラボ写真展が開催されていました。

Pa190302-2

つぶらな瞳のキャラクターは人形作家清水真理さんによる球体関節人形「ナカノさん」です。SNS(インスタグラム、ツイッター)を中心に地域の魅力を発信中とか。(Shio)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧