風の便り

2017年10月12日 (木)

羊のいるワイナリー

中央本線・各駅停車に乗って1時間半で、「勝沼ぶどう郷駅」に到着。向かった先は「日本最古のワイナリー」といわれている「マルキワイナリー」です。
Photo_3
ぶどう畑に向かうと、なぜか羊たちがお出迎え。何かもらえると思って、人懐こく近寄ってきました。この羊たちのお仕事は、と言うと・・・。

Photo_4
ブドウ畑の雑草を食べるのが仕事なのです。立派に実ったブドウ・「甲州」の棚の下でのんびり寛ぐ羊2頭。様々な雑草を増やすと地中の微生物も増加し、生命力のあるブドウの木が育つそうで、その雑草を羊が食べることで土が掘り返され、排泄物も自然の肥料になるとのこと。「不耕起草生栽培」というのだそうです。

Photo_5
貯蔵庫の入口に飾ってある、古いワインの瓶。創業者の土屋さんは、明治10年ころ渡仏してワイン醸造を学び、明治24年に「マルキ葡萄酒」を設立したそうです。

Photo_6
この樽に入れて数か月から1年ほど寝かせ、そのあと瓶詰にされていきます。フランス製のオークの木で、良い香りが漂っていました。一通り見学した後は、もちろん試飲もさせてもらいました。

Photo_8
ワイナリーの次は、ワイン用ではなく、生食用のぶどう園にも立ち寄りました。屋根のように広がるぶどう棚の下、何種類も試食させてもらい(逆上して?)色々買ってしまいました。こちらも自然農法で作られたブドウで、上品な、初めての美味しさでした。(Nak)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

北野神社のお祭りの思い出

Sp9160023

先週の土曜、日曜は北野神社のお祭りでした。アトリエ海の氏神様です。子供の頃、目の前の刑務所通り(今の平和の森公園通り)は小さな商店街だったので、祭礼期間中はそれなりに活気がありました。

Sp9160024

まず親に促されて、山車の綱を引っ張ることから子供はお祭りデビューを果たします。ほとんど大人の力で動いているので、子供の方が引っ張られている光景です。ドーン、ド-ン、カッカッカと太鼓を叩くようになれば、一人前。

Sp9160027

小学校も高学年になると、子供神輿を担ぎました。授業が終わるのが待ち遠しかった。その頃は60年安保闘争の時代で、ワッショイ、ワッショイの掛け声の合間に意味も分からず「アンポ、ハンタイ」と叫んでました。

Sp9160034

それから今日まで、お神輿を担いだことはありませんが、大学の卒論「粋な空間論」の調査を切っ掛けに、浅草三社祭には結構通っています。
仕事をしていて、お囃子や掛け声が聞こえてくるとジッとしてはいられません。それで、上の写真を撮りました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

原寸ゴジラ

Sp6040041

先月の日曜日、新宿へ出る用事があって、新宿東宝ビル8階のカフェテラス「ボンジュール」で昼食をとりました。昔、早慶戦の夜に池に飛び込んだりした、歌舞伎町の新宿コマ劇場があった所です。

Sp6040031

ここの屋外テラスにゴジラが頭を出しています。地上から高さ52m、1954年の「ゴジラ」第1作の身長とほぼ同じです。ネットの情報に依れば、造形は1992年の「ゴジラVSモスラ」の平成ゴジラがモデルとか。

Sp60400431

1954年(昭和29年)当時、東京タワーはまだ建設されておらず、ゴジラが襲った国会議事堂の高さが65.45mで、怪獣の巨大さを現す定規の役割を果たしていました。

Sp6040009

1984年の復活「ゴジラ」では、80mに成長(?)して、この年竣工したばかりの有楽町マリオンを壊しましたが、このセンタービルが高さ約75mで定規になっています。そのカーテンウォールにゴジラがゆらゆら映るシーンは特撮マニアにとって、衝撃的でした。
ちなみに2016年の「シン・ゴジラ」第4形態は身長118.5mだそうです。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

緑のカーテン2017



今年も「緑のカーテン作り」の季節がやってきました。始めたのは2011年の夏で、6年目になります。はじめはゴーヤの苗を二株、プランターに植えて、思いがけなく早い成長にわくわくしながら水遣りに励みました。翌年は株を増やしたところ、混み合ってジャングル化。西洋朝顔も参戦して収集がつかない状態にもなりました。

S6
今年は2基のプランターにゴーヤ2株づつ、です。これは植えつけて10日後位で、順調に成長中の姿です。

S7
約一週間後、蔓がどんどん上昇中、四方八方に手を伸ばし始めました。葉っぱも大きくなってきました。ここからまた一気に成長するはず・・。

S
ゴーヤの実は、まだ可愛らしい姿ですが、花もたくさん付いているので楽しみです。

S_2
他にも「朝顔」、「インゲン2種類」、勝手に生えてきた「青ジソ」、「風船蔓」などいろいろと賑やかなMy Gardenです。

S_4
ところで、この季節、といえば「七夕」。駅のコンコースには、地元の保育園で作った可愛い竹飾りが並んでいました。梅雨明けはいつごろになるのでしょうか?(Nak)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

新緑の後楽園へ

Sp5210001

先週の日曜日、小石川後楽園へ出かけました。JR飯田橋駅から徒歩8分と書かれていましたが、趣のある遊歩道をたどって行ったら、道を間違えてしまいました。

Sp5210059

特別史跡・特別名勝の重複指定を受けている数少ない場所とのことですが、以前から気になってはいたものの、訪れたのは今回が初めてです。

Sp5210065

江戸時代初期に水戸徳川家の御屋敷として造られ、水戸黄門、光圀の代に完成した庭園ですが、園内には「渡月橋」、「音羽の滝」などと名付けられた場所があって、京の都への憧憬を感じました。

Sp5210048

琵琶湖に見立てた池「大泉水」を背景に、江戸太神楽が実演されていました。唐傘の上で四角い枡を回したり、ばちを使ったジャグリングなど、師匠の軽妙な語り口に乗せて、若い衆の和風大道芸を楽しみました。

Sp5210080

昼食で入った、和風建築「涵徳亭」の床の間に、平沼騏一郎の書「先天下之憂而憂 後天下之楽而楽」がありました。国を治める者は民より先に憂い、民より後に楽しむものだと中学の授業で習ったような気がします。さて、我が国はどうなんでしょうかね。(Shio)

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

春の山菜と乗馬

連休明けに出かけた北海道・十勝では、木々の芽吹きの緑が清々しく、畑ではコーンやビートの作付が始まっていました。気温も一気に上がってきます。

Photo_4
いつも遊びに行く牧場で馬に乗りました。川の中を歩いたり、タンポポの咲く土手を駆け上がって畦道を走ったり。馬も結構楽しそうにしています。

Photo_5
広々した牛の放牧場は開放感いっぱい。月末に牛が戻ってくるまでの期間限定&独占コースです。放牧頭数は年々、減っているとか。

Photo_6
若葉が美しい白樺や柏、カラマツの林の中をのんびり進みます。実はこの林の中に「お宝」がいっぱいあるのです。

Photo_7
林の中を20分ほど歩き回って採れた山菜がこれ!コゴミ、タラノメ2種類、イラクサ、ヨブスマソウ、フキ等。

Photo_8
牧場の奥様が早速お昼ごはんに、天ぷらにしてくれました。次々に揚げては食べ・・、一度にこんなに山菜を食べたのは初めての様な気がします。心もお腹も大満足の、贅沢な一日でした。(Nak)










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

ネイルサロン?

先週、長野県佐久平の牧場では、かなりの雪が降りましたが、やはり「春の雪」で、日が高くなるにつれてどんどん融けていきました。そんな一日、お世話になっている馬たちに会いに行ってきました。

Photo
遠くの山々も、雪がなくなりました。放牧地は粘土質なので、ドロドロです。青草が生えてくるのが待ち遠しい馬たち。

Photo_2

この日は、馬たちの「爪のお手入れ」がありました。・・といってもおしゃれのためのネイルケアではなく、命にもかかわる大事な「蹄」のメンテナンスです。定期的に蹄を削って適切な角度や形を保持して脚に負担がかからない様にし、同時に、命取りにもなる蹄の病気もチェックします。

11
この大事な仕事をしているのは、装蹄師のH先生。実に手際よく蹄を削り、仕上げにやすりをかけています。ポニーの「ルル」も安心して身を任せています。

Photo_3
この仔は今、前肢の蹄の調子が良くないので、外に出る時、こんな「靴」を履いていました。泥だらけになるので、予備の靴も製作中。

Photo_4
それがこれです!麻ひもを使った手編みです。歩いているうちに脱げて落ちないよう、どうやって結びつけたらいいか、みんなで議論していました。
歩くことで全身に血を巡らせることが大切なのは、馬も人間も一緒です。(Nak)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

忘れないために

もうすぐ、東日本大震災から6年目の3月11日を迎えます。
先日、仙台に帰省した折、「せんだいメディアテーク」に立ち寄りました。ここでは、震災直後に「3がつ11にちをわすれないためにセンター」が立ち上げられました。

2
市民を中心として、震災の記録や復興のプロセスを、映像、写真、音声、テキストなどでアーカイブとして蓄積し、発信しています。詳しくはこちらから。

1
ちょうど7階のサロンで、記録の一部が展示されていました。定点観測の写真や震災前後の比較写真などのパネルが並んでいます。

2_2
津波の後、かさ上げ工事が始まるまでの少しの間でも、自分たちが住んでいた土地にたくさん花を植たいと集まっている婦人たちの活動記録がモニターに流れていました。
このホールは地震発生時ほとんどの天井のパネルが落ち、たまたまこの階の会議室にいた在仙の友人がメールで送ってきた写真を見て、よく無事だった、と安堵したことを思い出しました。

Photo
展示コーナーの一角では、それぞれの記録がLPレコードジャケットの大きさでまとめられ、裏面には記録者のコメントや、内容が見られるURLなどが書いてあります。

Photo_2
1階のカフェ。オープン直後で空いていたので、のんびりコーヒーを飲みました。

2_3
この「せんだいメディアテーク」は伊東豊雄氏の設計。曇り空にガラスのファサードが融けていくような、不思議な景色でした。ガラスに映るケヤキ並木もまだ枯れていますが、春はもうすぐ。(Nak)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

ドロミテの山々

イタリア北東部の山岳地帯にあるドロミテ地方に、スキーに出かけました。炭酸マグネシウムの含有量が多い石灰石(dolomite)でできている山々、ということでドロミテと呼ばれるようになったとのことですが、左官材料・ドロマイトプラスターの原料になる岩石、ということで、仕事柄、親しみを感じます。

3
それにしても、垂直に切り立つ岩山には、ただ見とれるばかりです。スキー場は雪不足でしたが、人工降雪装置がフル稼働し、ゲレンデコンディションも悪くなく、技術の高さに感心しました。

Photo
ドロミテ最高峰のマルモラーダ(3343m)の展望台からの景色。ずっと奥のほうはオーストリアです。左側は断崖絶壁。第一次世界大戦ではイタリア軍とオーストリア軍の激戦地だったそうで、戦争博物館がありました。

Photo_2
眼下に広がる谷間の街が、滞在したコルティナ・ダンペッツオです。絶景に見とれて岩山に激突しないよう気をつけながら、伸び伸び滑りました。

2
ワールドカップのコースを眺めながらランチです。翌日の女子滑降競技に備えてトレーニングランが行われており、それも見ることができました。
今回のツアーメンバーもシニア世代中心でしたが、ランチでは必ずビールかワインを飲んで山盛りパスタを食べ、午後も元気にどんどん滑る、という人々。

2_2
旅の最後は、車で2時間のベネツィアに立ち寄りました。サンマルコ広場では、鳩に交じって、たくさんのカモメが観光客から餌をもらっていました。(Nak)










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

馬小屋の秘密

長野県佐久市にある馬の牧場には、以前乗馬クラブで乗っていた馬たちがお世話になっているので、時々顔を見に出かけます。乗馬をするより、手入れをしたり、小屋の掃除をしたり、一緒に遊んだり、が中心です。

Photo_2

放牧場が眺められる馬小屋の床には、籾殻がたっぷり敷き詰められて、脚元はフワフワ。しかし馬たちは、この中でも「用を足す」ので、その掃除がひと仕事なのです。「大」のほうはコロコロしているので熊手状のもので集めやすいのですが、「小」のほうは、濡れた籾殻ごと掬って捨てるくらいです。その割には、いつもさっぱりしているなと思っていたところ、その理由がわかりました。

Photo_3
小屋の真ん中あたりの籾殻を、深さ30-40㎝掘ると下の土が出てきます。

Photo_4
さらに一生懸命掘ると、木製の蓋(左上の四角いもの)が見え、それを外してみると直径30㎝くらいの穴が現れました。掃除しきれなかった馬の「小用」が、自然にこちらの穴に流れ込むという仕組みのようで、粘土質の土のため、穴も崩れることがないそうです。
フカフカした籾殻の下に、こんな仕掛けがあったとは・・。

Photo_5
ひと仕事の後は、みんなでお昼ごはん。ちょっと寒いけど、青空の下で食べる暖かい「うどん」は美味しいです。それを足元で見上げる白い犬は、福島第一原発30km圏からレスキューされてきた仔です。馬たちと仲良く暮らしています。

Photo_6
そんな私たちの奮闘をよそに、馬たちは放牧地で、残り少ない草をひたすら食べておりました。いつまで見ていても飽きない景色です。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧