風の便り

2019年6月 6日 (木)

10年目の風の便り

P6050122

10年前の5月18日、「アトリエ海から風の便りを発信します」と題してこのブログを始めました。その4日後、「並木をわたる風の匂い」というタイトルで事務所までの道案内をしています。

P6050131

サンプラザと中野駅の間にあった自転車駐輪場が「中野駅自由通路・新駅舎及び駅ビル新築他」の敷地に変わり、並木はすべて無くなりました。区役所脇の並木は健在です。

P6050143

区役所の西側、警察学校の跡地が四季の森公園に変貌し、その一角のセントラルパークイーストに沿って、いかにも今風の並木が植えられました。

P6050145

その先のケヤキ並木の何本かは既に引退して、新しい若木と交代しています。この左側にある中野区立体育館も解体され、駅前にある区役所がここに建て替わる予定です。10年ひと昔。早いんだか、遅いんだか?

P6050146

事務所(真ん中の打ち放しの建築)のある「平和の森公園通り」が幅員12mの並木道になるのはまだまだ先のようです。(Shio)

 

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

浅草・三社祭の今と昔

P5190072

5月の連休が終わると毎年、今年こそはと思います。浅草、浅草寺の境内にある三社様のお祭りが目の前だからです。

P51900791

何と言っても、高倉健「唐獅子牡丹」の歌詞の一節、「・・・祭りイばやしイに詫びてエー行イくー」の「お祭り」がここなのです。

P51900941

P51900911_1

仕事やその他の事情で、4年ぶりの参拝。本社神輿渡御順路のルートマップを片手に、町内神輿を見物しながら「一の宮」のお神輿を追っかけました。

20190522102619_000011

20190522102619_000021

20190522102619_000031

四十年余り前、本社神輿の「宮入り」を撮ろうと浅草寺の本殿階段で待つこと数時間、ようやく写した写真がこれ。懐かしい思い出です。(Shio)  

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

十勝で馬車に乗る

一気に春が訪れた感のある北海道・十勝に旅してきました。真夏日の気温まで上がった日もありましたが、湿度が低くとてもさわやかです。

Photo_14

牧草地も青々としています。中には入らない様注意して、外周を走ります。奥のほうはカラマツの防風林。

Photo_18

山の入口には白い可愛い花がたくさん咲いていました。ニリンソウやオオバナノエンレイソウなど。馬たちも足元に美味しいものがたくさん生えているので、すぐに「道草を喰おう」とします。

Photo_17

今回のお楽しみは「牧草馬車」。この地方で、昔使われていたものを、古い農家さんから譲ってもらったそうです。麦わら帽子でレトロな雰囲気を出してみました。馬車を曳くのは、力持ちの「モモ」、女の子です!

Photo_16

良いにおいのする乾燥した牧草の上は適度にクッションが効いて、乗り心地満点です。のんびり、のんびり、農道を歩いていきます。
実はこの馬と馬車は、今放送中のNHK朝ドラ「なつぞら」に出演しました。牧場のご主人は馬車と馬耕の指導をしたそうです。4月中に何度か登場したので、仲間たちは大喜びでした。
NHKの公式インスタグラムに動画も。

https://www.instagram.com/p/BtvImAYBzI4/

Photo_13

わたくし、女優の「モモ」です!サインしてあげてもよろしくってよ・・。(Nak)

 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

「塩竈桜」を見に。

桜前線は日本列島を北上し、北海道へ渡ったところのようですが、先週、宮城県の塩釜市・塩竈神社で遅咲きの桜が満開とのことで、帰省のついでに足を伸ばしてみました。本塩釜駅で降りて徒歩15分ほどです。

Photo_8

202段の階段を上ったところに本社殿があります。塩竈神社は1200年を超える歴史があり、「陸奥の国一之宮」と呼ばれて、歴代の権力者から厚い信仰を集めていました。国府「多賀城」の鬼門の位置にあたるところから、その守護神でもあったそうです。

1

本殿脇に咲くのが、天然記念物の「鹽竈桜(シオガマザクラ)」です。ソメイヨシノなどが散った後に咲き始め、ちょうど満開でした。

2

サトザクラ系ヤマザクラ、だそうで、紅色が濃く、枝に手毬状に咲いています。境内には他にも何本かあり、お花見の団体バスも来ていました。

Photo_10

歴史を感じさせる建物がいろいろある神社への参道は、楽しい散歩道になっています。こちらは、神社の御神酒を納める酒屋として始まり、全国的にも名高い「浦霞」を作っている佐浦酒造の石蔵です。妻に家紋の「違丁子(ちがいちょうじ)」が付いています。

Photo_7

味噌・醤油の荻原醸造の建物は、江戸末期のものだとか。店先の大きな仕込樽が目印です。

Photo_11

この辺りは、2011年の大震災で津波に襲われました。壊滅的な被害は免れたものの、駅の周りなどは再開発で、以前とは大きく姿を変えつつあります。大樽の横には、「この地点まで津波が到達する」と刻まれた石碑が建っていました。(Nak)

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

スキー技術選手権の応援

3月初め、長野県八方尾根スキー場で「全日本スキー技術選手権」が行われ、いつもお世話になっているコーチが出場するので応援に行きました。女子の部で2連覇しているので、今年は「3連覇」がかかっていたのです。

S_3 
ゲレンデの一番上で、ここからはリフトもないので、スキーを担いで登りる山岳スキーの世界。快晴で、大斜面滑降も楽しそうでしたが油断禁物。この日も付近で遭難したスキーヤーがいたようです。

S

選手権が行われたのはこちらの斜面です。3日間にわたり、各都道府県予選を勝ち抜いた選手により、予選、準決勝、決勝、と競技が行われます。競技はタイムではなく、技術の高さを採点によって競うもので、ほとんどがスキーの先生たち。

S_2

コースの下の観客席も、全国から応援の人が集まっていてにぎやかです。選手の名前入りの「のぼり」もたくさん。顔写真入りのものもありました。

S_1

コースの途中で応援。右中央あたりが観客席です。ラッパの音や歓声、採点・点数などが聞こえてきて盛り上がります。眼下には麓の白馬村、遠くには妙高の山々が眺められます。

Photo_1

熱戦が終わり、表彰式です。われらがコーチは今年も女子の部・優勝、なんと「3連覇!」です。おめでとー!!日本一上手な先生に教わっているわけなので私もがんばります?(Nak)

| | コメント (0)

2019年1月31日 (木)

ギャラリー鴻「特撮のDNA」展

P1130704

「怪獣王、蒲田来襲!」のコピーにつられて、シン・ゴジラ第2形態が上陸した蒲田に「特撮のDNA-「ゴジラ」から「シン・ゴジラ」まで-」展を観に行きました。

P1130811

僕が最初に見た殊技術影映画は、「ゴジラ」(1954)ではなくて、「空の大怪獣 ラドン」(1956)でした。それから「地球防衛軍」、「「キングコング対ゴジラ」と続くのですが、いつしか興味の対象は「どうやって撮っているのだろう=特撮」ということでした。

P1130822

怪獣のフィギュアが多くを占める展示物の中に、「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督が絵コンテをスケッチしたフィールドノートがありました。

P1130718

P11307171

「誰も見たことがない世界」を映像化する。これが特撮の醍醐味ですが、CG全盛の現代、そのためには何よりも豊富な想像力が必要なのだなあと、この何冊ものスケッチブックを見て感じたことでした。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

「なにもののためでなく」展で両国へ

P1130829

「なにもののためでなく 自分のためでもなく」展は、両国のシアターX(カイ)ギャラリーでは25年ぶりに開催される高須賀優さんの展覧会です。

P1130837

P1130849

幅1.2m、長さ3m~14mの帆布に、高須賀さんには珍しい抽象のモチーフが油彩や墨で描かれ、縦横に吊るされ、横たわっています。

20190114180347_00001

これだけ大きな作品は、群馬県の沢入国際サーカス学校の教室で描かれました。写真は校庭の櫓に吊るされた作品をサーカス学校の卒業生がドローンで撮影したものだそうです。(案内状より)

P1130836

25年前の「中国雑技の旅」展は、石家荘で開催された国際雑技大会をサーカスファン8名で見に行った時のスケッチ展でした。今回、その時の作品数点と共に掲示された写真パネルの端っこにいるのは・・・私です。(汗)
展覧会(詳しくはクリック)は1月22日(火)まで。(Shio)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

冬の馬橇体験

寒いこの時期、北海道で雪上乗馬を体験したいと思い、知り合いの牧場を訪ねてきました。

Photo_2
12月に降って以来、ほとんど雪が降らず晴天続きだそうですが、眼下に広がる畑はきれいに雪化粧です。遠くの日高山脈も真っ白。青い空が広がっています。

Photo_3
最高気温がマイナス6度、朝の最低気温はマイナス20度でした。それでも風がなく、陽が照ると、気持ちが良いくらいの体感温度です。畑の上を丹頂鶴のファミリーが優雅に舞っていました。

Photo_4
今回のもう一つの楽しみは、「馬橇体験」です。輓馬(ばんば)の血が入っている力持ちのモモちゃん(♀)に橇を曳いてもらいます。

1
この橇は、昔、この地方の農家で物を運ぶのに使われていたものを譲ってもらい、牧場のご主人が、座席になる箱を取り付けたそうです。橇は木製で曲木を組み合わせる技術などには感心させられます。6人乗りですが、モモちゃんは楽々引っ張るようです。

Photo_5
教えてもらいながら「御者」体験もしました。結構なスピードで走っております。2本のロープと掛け声でこちらの意志を伝えるのは難しいのですが、気持ちが伝わった時は嬉しくなります。モモちゃんはHNKのドラマにも出演したことのある「女優さん」です。(Nak)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

海の干支、3巡目に入ります

あけましておめでとうございます。

元旦        アトリエ海。

20181228142217_000011

干支に海の動物がいないことに気が付いたのが25年前。それなら作ってしまえと版画で「かに」を彫りました。二版三色刷りです。文字をプリントした葉書に200枚近く刷りました。

08

それから12年後、同じ版木で色を変えて一版単色刷り。そろそろ体力も落ちてきて50枚しか刷っていません。その中で上手くいったのをスキャンして、フォトショップで取り込みプリントしました。それで、人によって版画と印刷とまちまちになりました。

Kani3

そして今年。版木そのものに斜めから光を当てて、その写真を載せることにしました。フォトショップで左右を反転、分からないながら試行錯誤で色味をいじっています。4巡目?10年経ったら考えます。

本年もよろしくお願い致します。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

冬至の日は穴八幡へ

今年も12月22日・「冬至」の日に、早稲田にある穴八幡神社へ「一陽来復御守」をもらいに行きました。金銀融通の御守とも言い、冬至の「ゆず」と「融通」をかけているそうです。でも、あくまで「融通」なので、一発大儲け・・というご利益はないらしい・・?です。

1
今年は昼頃から小雨模様の天気でしたが、この行列。一目見て、昨年より3割くらい人が多い様な気がします。

2
「やっぱり景気が悪いんだね・・。」等々、行列に並びながら皆さん話しています。2時間半待ちは覚悟しなければ!

Photo
予想より少し短く、2時間弱で建物の中の売り場に到着しました。ここでも20分くらいは並びますが、屋根があるのでホッとします。ずらりと窓口が並んでいて、御守が飛ぶ様に売れていきます。

Photo_2
御守を手に入れた後は、社殿にお参りしました。こちらも長い人の列です。

Photo_3
雨も小降りになった境内は、カラフルな露店がたくさん並んでいて、ここへ来ると「年末なんだな」と実感がわいできます。

Photo_4

「一陽来復」とは陰が極まり陽に転じる、の意味で、この日を境に昼がだんだん長くなる「冬至」に祭ることに意味があるとか。(大晦日や節分の日も可) 毎年変わる方角の壁や柱に、夜中の12時に貼りつけます。今年は「申酉」の方角。来年はどんな年になるのでしょうか。(Nak)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧