「杉」の家

2010年11月 4日 (木)

建築展「これまでとこれからをつなぐ住まいづくり」

NPO木の家だいすきの会主催でアトリエ海の建築展「暮らしの再生-これまでとこれからをつなぐ住まいづくり」が西新宿の東京オペラシティ1階、木童ショールームで、11月8日(月)から13日(土)まで催されます。

Img_11941_3 

8月に竣工した「杉」の家を中心に展示し、新築でもリフォームでも、住まい手がこれまで過ごしてきた時間を大切にして、新たな暮らしを魅力あるものに再生する住まいづくりを見ていただきたいと思います。

Img_09521_2

13日(土)には中村展子が講師となって「木の家実践セミナー&住まいの無料相談」も行います。愛着のある自宅の新築、改装や、中古住宅を購入してのリフォームをお考えの方は是非おいで下さい。

Img_17011_2

詳しくは木の家だいすきの会のホームページをご覧ください。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

思い出の「石臼」

8月に完成した「杉の家」の中庭には、小さな石臼が埋め込まれています。棒を差す丸い穴や溝があり、昔の物の様ですが、施主の奥様は子供の時にままごとに使って遊んだそうです。S

前の住まいの庭に埋まっていた舗石も掘り出して、新居の中庭に並べました。20cm位の大きさですが、自然石の味わいがあり、リズミカルな感じです。

S2

酷暑の中でしたが、芝生も何とか根付きつつあり緑があざやかに映ります。

S1

中庭を通る風が吹き抜け、暑い日でも家の中はカラリと感じるそうです。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

「杉」の家の引渡し

先日、「杉」の家の引渡しが無事終わりました。

Simg_11381

暑い日でしたが、風が杉板張りの細長い廊下を、気持ち良く吹き抜けていきます。

Simg_11611

梁の上を、階段の手摺の間を、本棚に沿って梯子の間を。

Simg_11221

それに負けじと、二人のお子様たちも、部屋から部屋へ、収納の扉もくぐりぬけて、走り回っていました。子供は風の子、ですね。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

「杉」の家の現場事務所

床や壁の下地が作られ、内部の空間の大きさがだいぶわかるようになってきました。その一角にベニヤ板で囲まれた気になるコーナーを発見しました。

Sgenbajimusyo_3 

覗いてみると、手造りの椅子と机がある立派な「現場事務所」!  書類なども整頓されている監督さん専用コーナーで、机の角の丸みや、座布団がわりの断熱材もちょっと可愛いです。

Sisutukue

住宅性能保証に関する2回目の現場審査も無事に通りました。検査の様子です。(Nak)

Styukankensa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

満開のハクモクレン

「杉」の家の現場に自転車で通っている。

途中、「妙正寺川親水プロムナード」の一角にハクモクレンが植えられています。蕾はこんなふうに変化しました。

Simgp6800 2月22日

Simgp6986 3月8日

Simgp7272 3月18日

3月3日の毎日新聞に「・・・花のつぼみの膨らみ方がニュースになる国はあまりなかろう」(余禄)とありました。言われるまで、気がつきませんでしたが、季節の変化を花に期待してるということが確かにあります。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

ももの節句に棟上げ

3月3日、ももの節句に「杉」の家の棟上げが行われました。

Simgp69421

前日まではっきりしないお天気が続き、やきもきしましたが、当日は見事に晴天。

Sjyoutou_2

クレーンで次々に吊り上げられる杉の材木を追って、馬鹿と煙はなんとやら、足場の一番高いところまで登りました。

Simgp69381

栃木の杉は、三重県松坂の杉に変更。群馬の杉はみどり市東町(旧東村)の山からやって来ました。偶然ですがサーカス資料館(「果てしなきサーカスの旅」参照)のあるところです。(Shio)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

本庄市のプレカット工場へ

Simgp6235

本庄市の児玉町へプレカットの打合せに行きました。が一駅乗り過ごし、隣の丹荘(たんしょう)駅に降り立ったところです。いいお天気でした。

Simgp6251 

打合せの後、工場を見学しました。コンピューターで制御された加工機械で、所定の寸法に裁断され、仕口、継手が造られていきます。

Scimg0125_2

加工が済んだ材木はビニールシートで、部位別に梱包されて積み上げられ、出荷を待ちます。「杉」の家は構造材に栃木と群馬の杉を使いますが、ここの倉庫ではフィンランドなどの輸入材が幅を利かし、国産材自給率2割の現実を実感した次第であります。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

地鎮式ー「杉」の家

お正月明けに住宅の「地鎮式」を行いました。建設会社の社長さんと監督さん、私たち設計者立会いのもと、建て主さん御家族が敷地の四隅と中央に、米、塩、お酒を撒いて、工事の無事進行をお願いしました。お嬢さんの赤い着物が可愛らしく、おめでたい雰囲気です。

Jitinnsiki1

工事はモダンな「法被-はっぴ」の綜合建設さん。夏の完成を目指します。(Nak)Happi 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「杉」の家 | まちづくり | 住宅 | 建築 | 風の便り